女性にとってのメイクアップは、ファッションやその時のイベントや季節などによっても楽しむ事ができ、簡単にイメージチェンジができるアイテムです。
メイクアップのアイテムにはさまざまな物がありますが、頬紅のチークは顔を立体的に見せたり肌の血色を良く見せたり、小顔にしたりといったメイクアップには重要な役割があります。
小さな顔になりたいと、誰でも憧れている方が近年では増えている傾向ですが、上級テクニックとしてほほ骨にそって頬紅を付けておく事によって、頬の骨の立体感ができて顔の輪郭が奇麗に見せる事ができ、小顔を作る上のテクニックとして使えます。
基本的な付け方の範囲は、ほほ骨にそって楕円形に付ける事がポイントで、基本的の範囲よりも低い位置に入れてしまうと、顔の重心も下がってしまい頬がこけた印象になるので範囲の付け方にも注意が必要です。
小顔に見せるための基本的な付け方は、黒目の中心からおろした線より外側で、小鼻から真横に引いた線より上側を目安に、ほほ骨にそってふんわりと楕円形に入れて行く事で顔の印象が立体的になり、顔が小さくなるテクニックができます。
こめかみには入れないように注意しながら、ふんわりと優しく付ける事がポイントです。