誰もが憧れる小顔ですが、メイクのやり方で小顔になれることができます。顔にシェーディングをおこなうと小顔効果があります。顔に影をつけるメイク法で意図的に影を作ることで立体感が出て顔が小さくみえるようになります。専用パウダーや自分が使っているファンデーションのワントーン暗いファンデーション・アイブローパウダー・アイシャドウで顔に陰影をつけることができます。アイブローパウダーやアイシャドウはブラウン系のものが良いです。ブラシは大きめのブラシと小さ目のブラシを2つ持っていた方が使い分けができてきれいに仕上がります。こめかみからあごに向かうラインがフェイスラインになります。このフェイスラインにワントーン暗いファンデーションやアイシャドウをブラシで塗っていきます。強調しすぎるとかえって効果があらわれなくなるので、まわりの肌の色と境目をなくすように陰影をつけることがポイントになります。ぬるタイミングは、ベースメイクが終わったあとにぬるのがベストになります。輪郭によって陰影のつけ方が違って、ベース顔はエラがはっている部分を中心に影をつけると小顔効果があります。面長の顔の場合は、あごの先端から両サイドに向けてグラデーションを入れるように影をつけると小顔効果があります。