小顔になるためにあらゆることを試してきたけどどれも効果がいまいち・・・。そんな時は改めて、何故顔が大きく見えるのか・何故小顔になれないかを考えてみましょう。意外にもストレスや生活習慣の影響でじわじわとデカ顔になっているのです。
まず分かりやすい一つとして肥満があります。全身の脂肪が増えているので当たり前のことですが顔もデカくなります。前日の行いが顔を大きくしている場合夜更かしや大量の飲酒、塩分水分の摂りすぎが影響しています。生活習慣の場合、寝ているときの歯ぎしりやストレスの影響があります。歯を食いしばると顎の筋肉が発達し、エラが張ったようになってしまいます。そして、ストレスを感じているとやはり寝ているときもリラックスができなくなり歯ぎしりをしてしまうのです。疲れやストレスは肌の調子だけでなく顔の大きさにまで影響します。最後は加齢によるデカ顔についてです。年をとらないというのは現実問題ムリなことなので、今人気の美魔女たちでさえたるみ対策やマッサージなどを念入りにしています。
このように顔が大きく見える原因のほとんどは生活習慣やストレスによるものです。自分に合ったデカ顔対策をもう一度考え直してすっきり小顔を目指しましょう。